45歳からのプログラミング言語習得奮闘記

高卒凡人おじさんが、プログラミング言語習得のためにやったことを発信します。

ようこそ高卒・凡人47歳最善人(サイゼニスト)の大城しんいちのブログへ!

このブログは45歳からプログラミング言語を習得しようと頑張るおじさんのことを書いています。

プロフィール

【プロフィール】
大城しんいち(男)
1971年1月生まれ47歳(高卒)
自称「最善人(サイゼニスト)」

 

生まれてすぐに両親が離婚。

 

父方の高齢(70代)になる祖父母の預けられ育つ。

 

明るくまじめな性格だが中学2年生に不良になる。

 

中学3年生には改心し真面目になる。

 

高校は「普通高校に受かる自信がない」という理由で工業高校機械科に入学し3年間無欠席だったが将来の目標もなくただ惰性の高校生活のまま卒業する。

 

営業職を転々とし10社目に現在の教育関係の仕事に就く。(今年で満14年勤務)


私が38歳の時に父がなくなり、翌年に母がなくなると立て続けに祖母、教え子、お世話になった人など身近な人たちが次々となくなり2年間で7名が亡くなる。

 

父の死をきっかけに自身の自己啓発(能力向上)に目覚める。

 

自称「サイゼニスト(最善人)」として行動理念「FLASH(フラッシュ)」を掲げ情熱的にかつブレない自分で生きることを決心する。

 

現在は妻と知的障害を持つ長男と娘二人の5人家族の大黒柱。